知っ得!会社設立コラム



第5回 定款⑤ 絶対的記載事項【本店の所在地】 

今回は前回の(2)「商号」に続いて、定款の絶対的記載事項である

(3)「本店の所在地」

についてお話していきたいと思います。

「本店の所在地」

これはいわいる会社の住所です。
定款作成の際、この会社の住所を定款へ記載しなければなりません。
定款へ記載する本店の所在地は最小行政区画(市区町村)まで
記載すればよいとされています。
もちろん細かい番地や号室まで記載しても構いませんが、
そうした場合、少しデメリットが発生してしまいます。

もし仮に神戸市に会社設立後、
同じ神戸市内で本店を移転する事になったとします。

この場合定款に細かい番地まで記載していると
その度に定款を変更しなければいけません。
しかし、細かい番地まで記載せず、「兵庫県神戸市」に本店を置く
と定款に記載していたなら 神戸市内での本店移転であれば特に定款を変更しなくてもよい事になります。

会社によっては本店を移転する事はよくある事だと思われます。

そういった事情も踏まえて定款に記載する「本店所在地」の
表記方法も考えた方がよいですね。


←前回       次回→

融資に強い会社設立

日本政策金融公庫と連携して開催した融資に関するセミナーの内容を紹介しております。

日本政策金融公庫と連携して開催した融資に関するセミナーの内容を紹介しております。

知っ得!会社設立コラム

知っ得!会社設立コラム

「独立したい!」「会社を設立したい!」 そんな起業家を応援する情報を掲載しております。

設立支援メニュー


大安カレンダー

弊所アクセス

■入江会計事務所・行政書士事務所

〒650-0034
神戸市中央区京町74番地
京町74番ビル 4階
(JR三ノ宮駅より徒歩6分)
電話番号:078-599-5556
FAX番号:078-599-5557


大きな地図で見る

リンク

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■神戸市 会社設立/入江会計事務所:会社設立支援ブログ

神戸市の税理士事務所/入江会計事務所が 「独立したい!」「会社を設立したい!」 そんな起業家を支援するブログです。