知っ得!会社設立コラム



第14回 出資金の払い込み 

今回は前回に引き続き、出資金の払い込みについてお話します。

定款の認証を受け終わったら、次に出資金の払い込み手続きを行います。
今回は、会社設立の当事者である発起人が、 全ての出資を引き受けて会社を設立する『発起設立』だと仮定します。
かつては、金融機関に申し込んで資本金を払い込み、 「株式払込金保管証明書」の交付を受けて登記所に提出するのが一般的でした。
現在では、発起設立に関しては、 資本金の払込の証明方法として預金通帳の写しが認められます。
発起人の個人名義の通帳に、発起人が引き受けた分の資本金額を 振込・または入金し、そのコピーと出資金の払い込みを証明する書面を ホッチキス止めして法務局に提出します。

従来より会社の設立は手間を大幅に省くことができる発起設立が主流です。

ただ、以下の場合は「払い込みがあった」とは認められず 登記が受け付けられないので注意が必要です。

・他人名義の通帳に、発起人の名義で資本金を振り込んだ
・発起人の通帳に、すでに資本金に相当する額があったので、入金・振込の手続きを行わなかった
・発起人名義の通帳に、発起人以外の名義で資本金を振り込んだ


次回は現物による出資についてお話していきたいと思います。


←前回       次回→

融資に強い会社設立

日本政策金融公庫と連携して開催した融資に関するセミナーの内容を紹介しております。

日本政策金融公庫と連携して開催した融資に関するセミナーの内容を紹介しております。

知っ得!会社設立コラム

知っ得!会社設立コラム

「独立したい!」「会社を設立したい!」 そんな起業家を応援する情報を掲載しております。

設立支援メニュー


大安カレンダー

弊所アクセス

■入江会計事務所・行政書士事務所

〒650-0034
神戸市中央区京町74番地
京町74番ビル 4階
(JR三ノ宮駅より徒歩6分)
電話番号:078-599-5556
FAX番号:078-599-5557


大きな地図で見る

リンク

■公式facebook

■入江経営塾@facebook

■神戸市 会社設立/入江会計事務所:会社設立支援ブログ

神戸市の税理士事務所/入江会計事務所が 「独立したい!」「会社を設立したい!」 そんな起業家を支援するブログです。